ハローワーク活用術 HOME成功する就職活動のコツ > 自己PR書類の書き方
自己PR書類の書き方

自己PR書類には挨拶文と、志望動機、自分の強みや企業に対してどう貢献できるかなど、企業への熱意アピールする書類です。形式が自由なので、効率的なアピールを行うことができます。

<自己PR書類を書く上での注意点>
・履歴書と同様パソコンでも手書きでもどちらでもかまいません。自分の字に自信がない人はパソコンで作成しても良いでしょう。どちらにしても、相手にとって見やすい書類を丁寧に作成することが大切です。用紙のコピーをとっておくことも忘れないようにしましょう。
・用紙のサイズはA4かB51枚にまとめる。縦書きでも横書きでもOK。
・です・ます調で作成する。
・その企業の求人を知った媒体、志望動機、自分の仕事の経歴やスキルなどを書き、前文と末文で体裁を整える。

・内容
自己PR文は結論→エピソード→目標の順番で書きます。書類選考では、いかにビジネススキルがあるかを印象付けるかが重要となります。様々な職務経験よりも、その経験の中でどんな能力を発揮したのか、どんな能力を身につけたのかの方が選考に関っていきます。あなたの過去のエピソードから説得力のある自己PR文を作成しましょう。

まず「結論」を書き、それからそれにまつわる「エピソード」を述べ、最後にその結論が生かせる「今後の目標」につなげると、魅力的な自己PR文になります。くどくどと続けずに完結にまとめましょう。失敗談を書く場合はそこから得られたものが何か、といったことも書きます。あなたが企業に貢献できる強みを強調して書きます。

次の記事へ ⇒ 面接の準備と心構え
このカテゴリの記事一覧